【2019年SFC修行考察】ANA成田=クアラルンプール路線「機材変更」の影響

【2019年SFC修行考察】ANA成田=クアラルンプール路線「機材変更」の影響

 

どうも!あおぴです

 

ANAの成田=クアラルンプール路線で2018年10月28日から機材変更があります。これまでの「B787-9」から「B787-8」へ変更になります。

この機材変更、修行僧にとってはとても影響があります。「B787-8」にはプレミアムエコノミーの設定が無いのです。

PPを効率良く大量に稼げるプレミアムエコノミーの設定が無くなるのは修行僧にとっては大問題ですね。羽田=クアラルンプール路線は引き続きプレミアムエコノミーの設定はあるのですが、スケジュール的に成田発着を利用せざるを得ない修行僧もいると思います。

 

僕自身も2019年はスケジュールの関係上、成田=クアラルンプール路線のプレミアムエコノミーを予約しようとしていたところなので参ったな〜という感じですね。

国際線でPPを大量ゲットするならシンガポールやシドニーの往復でも良いのですが、お得なクアラルンプール発券も利用したいと考えています。という訳でどうしても成田クアラルンプール路線を使いたいのです。

 

 

スポンサーリンク

2019年4月以降は成田=クアラルンプール路線でプレエコ設定復活!

何か抜け道はないかなとANAの予約画面を見てみると2019年4月以降だとプレエコの設定があることに気がつきました。機材もプレエコの設定のある「B787-9」となっています。

 

【4/13】成田→クアラルンプール

【4/17】クアラルンプール→成田

 

しかし、ANAのプレスリリースでは機材変更の期限は「10月28日〜」と記載されているだけで、2019年4月以降にプレエコ設定のある「B787-9」に機材を戻すとの記載はありません。

 

これはどうなるんでしょうね。現状の予約画面はこうなっているだけで、後々機材変更で2019年4月以降もプレエコ設定の無い機材に変更になる可能性は十分あるのではないかと思います。

 

とはいっても2018年9月23日現在は「成田=クアラルンプール」をプレエコで予約できます。もし、今「成田=クアラルンプール」をプレエコで予約し、後々機材変更でプレエコの設定の無い機材になった場合はどうなるのでしょうか。次の2つのケースが考えられます。

 

「プレエコからビジネスクラスへのアップグレード

「プレエコからエコノミークラスへのダウングレード

 

この2つのケースについて考察してみます。

 

 

スポンサーリンク

機材変更によるプレエコからビジネスクラスへのアップグレードの場合

プレエコの設定の無い機材に変更になることで、元々プレエコを予約していた人達は「ビジネスクラス」か「エコノミークラス」に割り振られます。この際、運良くビジネスクラスに空きがあれば晴れてビジネスクラスへのアップグレードとなります。

 

プレエコ料金でビジネスクラスに搭乗することができる訳なので、こちら側にはメリットしかないですね。

 

1つ注意すべきことはビジネスクラスにアップグレードされてもマイル積算率はプレエコのままということです。と言っても、元々プレエコ料金の運賃しか払っていないので何のダメージもないですよね。

 

このケースは機材変更によりメリットしか享受しないかなりラッキーなものだと言えます。

 

機材変更によるプレエコからエコノミーへのダウングレードの場合

プレエコの設定の無い機材に変更になることで、運悪くエコノミークラスに割り振られダウングレードとなる場合もあります。

 

当然プレエコとエコノミー運賃の差額は払い戻されることになりますが、ここでかなり注意しておかなければならないことはマイル積算率です。

 

ANAの公式発表ではダウングレードされた場合のマイル積算率は搭乗クラスのもの(この場合エコノミークラス)が適用されると記載されています。

こうなると獲得できるPPは少なくなりPP単価までも悪くなってしまいます。

 

成田=クアラルンプールをエコノミーで予約した場合の運賃は73830円。獲得できるPPは5006です。

73830円÷5006PP=14.75円/PP

エコノミークラスダウングレードされた場合、マイル積算率がANAの公式見解通り搭乗クラスのものが適用されるとPP単価は14.75円です。これはかなり痛手ですね。

 

本来予約していた成田=クアラルンプールのプレエコ運賃は125830円。獲得できるPPは10814です。

125830円÷10814PP=11.64円/PP

 

マイル積算率がANAの公式見解通り搭乗クラスのものが適用されると、ダウングレードによって獲得できるPPは半分以下に、PP単価は3円程悪化してしまいます。

 

 

しかし!!!!

 

実際の体験談によるとプレエコからエコノミーにダウングレードされてもマイル積算率はプレエコのままだったという方もいます。

 

ん〜、実際はどうなんでしょうね。

 

もしマイル積算率がそのままだったという話が本当なら、ダウングレードされた場合はエコノミークラス料金でプレエコのマイル積算率を獲得できるということになります。となると修行僧の頭に思い浮かぶのはPP単価のことですよね。そう、PP単価が大幅に改善されることになります。

73830円(エコノミー運賃)÷10814PP(プレエコマイル積算率)=6.83円/PP

 

ダウングレードによりPP単価が驚異の6円台になります。もしこの話が本当なら「むしろダウングレードしてくれ」と思う修行僧も多いでしょうね(笑)

 

しかし、やはりANAの公式見解としてはダウングレードの場合はあくまで搭乗クラスのマイル積算率が適用されるとのこと。ダウングレード後もプレエコのマイル積算率が適用されることはあまり期待しない方が良いのかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

ビジネスクラスへのアップグレード、エコノミークラスへのダウングレード、どちらの可能性が高いか

じゃあアップグレードかダウングレードのどっちになる可能性が高いんだよ!ってところですが

 

変更前 B789(787-9) 215席

ビジネス48席、プレエコ21席、(ビジネス+プレエコ69席)

 

変更後 B788(787-8) 240席ビジネス42席

 

変更前はビジネスとプレエコを合わせ69席あったにも関わらず、変更後はビジネスの42席のみです。変更前で既にビジネスが満席だった場合は元々プレエコを予約していた人はエコノミーにダウングレードされますね。

 

ゴールデンウィークやお盆休みの繁忙期は席が埋まっている可能性が高いので、やはり繁忙期はダウングレードの可能性が高まるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

ビジネスクラスを予約していた場合の機材変更に注意

 

クアラルンプール発券の場合、ビジネスクラスもお得な価格で予約することができます。

成田=クアラルンプールをビジネスクラスで予約していた場合も機材変更によって影響を受けることになります。

 

9月24日現在予約可能な2019年4月以降の成田=クアラルンプールの機材「B787-9」の場合、ビジネスクラスのシートは「スタッガード」となります。

フルフラットになるのはもちろん、個室感も高く快適な空間ですね。

 

 

これがもし機材変更されて「B787-8(240席仕様)」になってしまうとビジネスクラスのシートが「クレイドル」になってしまいます。

フルフラットにはなりませんし、個室間はほぼ無いですね。国内線のプレミアムクラスや国際線のプレミアムエコノミーに毛が生えた程度でしょうか。もちろんクレイドルシートになったからといってサービスに変化は無いのでその点は安心して下さい。

 

でも同じ値段のビジネスクラスなら断然スタッガードの方が良いですよね!

なので成田=クアラルンプールをビジネスクラスで予約される際にはその点も気をつけてくださいね。どうしてもビジネスクラスを使いたいのなら羽田=クアラルンプールで予約した方が機材変更の可能性は低いと思います。(もちろん羽田=クアラルンプールでも機材変更の可能性0ではないですよ)

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

  • 2019年4月以降は成田=クアラルンプールでプレエコを予約可能。しかし、今後機材変更の可能性有り
  • 機材変更が有る場合はプレエコで予約した席はビジネスかエコノミーに振り分けられる
  • 機材変更でビジネスにアップグレードされる場合は儲け物
  • エコノミーにダウングレードされる場合はマイル積算率に注意
  • 元々ビジネスクラスを予約していた場合も機材変更による影響有り(スタッガード→クレイドル)

 

あたかも2019年4月以降もプレエコの無い機材に変更になってしまうかのような記事になってしまったかもしれませんが、9月24日現在では2019年4月以降の成田=クアラルンプールではプレエコ設定のある機材です。

しかし、これまでの機材変更の経緯を考えると成田=クアラルンプールは機材変更の可能性を頭に入れつつプレエコの予約をする必要があると思います。

 

僕は機材変更になったらなったでブロガーとしてその時の体験をお伝えできたらと思っているので、当初の予定通り2019年4月以降で成田=クアラルンプールをプレエコで予約しようと思います。

できれば機材変更になってビジネスクラスにアップグレードされないかな〜なんて密かに願っていますが(笑)

 

もしダウングレードになった場合はマイル積算率がどうなるのかが見物ですね。果たしてANAの公式見解通り搭乗クラス(今回はエコノミー)のマイル積算率が適用されるのか。それとも予約クラスの通りプレエコのマイル積算率が適用されるのか。修行僧にとっては後者であることを祈っています。

 

この成田=クアラルンプールの機材については今後も何か展開があれば報告していきますね!

 

それでは!あおぴでした〜