お得に『クレジットカード』を発行するために知っておきたい3つの鉄則

お得に『クレジットカード』を発行するために知っておきたい3つの鉄則

 

日本では現金文化が深く根付いていますが、徐々にキャッシュレスな世の中に移り変ろうとしていますね。政府もキャッシュレス還元等の政策でキャッシュレス化の後押しをしています。キャッシュレスでの決済はポイント還元や利用明細の確認等で現金決済に比べて大きなメリットがあります。

 

そんなキャッシュレス決済にはクレジットカード・電子マネー等色々な種類があります。その中でも最古参のキャッシュレス決済方法といえばクレジットカードです。クレジットカードはどの年代の方でも馴染みのある決済方法でしょう。

 

最近のキャッシュレス化の流れに乗ってクレジットカードを発行される方もいると思いますが、どのようにクレジットカードを発行される予定でしょうか?

実は、同じクレジットカードを発行するにしてもこれから紹介する3つのことを心がけるだけでお得にクレジットカードを発行できるんです。

 

必ずWeb上で発行する

クレジットカードは必ずweb上で発行しましょう。クレジットカードは必ずweb上で発行できるようになっています。

そして窓口で発行するのは絶対にNGです。空港では航空会社系の、ショッピングモールではその系列のクレジットカードの発行窓口があって勧誘なんかしてるのを見かけたこともあるかと思います。

 

それではなぜ窓口ではなくweb上で発行するのをオススメしているのかというと、web上でクレジットカードを発行した方が新規入会特典でより多くの還元がある場合がほとんどだからです。楽天カードなんかだと「新規入会でOOOポイントプレゼント」みたいなキャンペーンをよくやっていますね。あれのことです。

 

なぜweb上での発行の方が新規入会特典が多いのかというと、窓口とwebサイトの運営費に差があるからです。

窓口の運営費(人件費) > webサイト運営費(作成費)

クレジットカード発行の窓口を運営するには人を雇わないといけません。人件費というのは窓口を運営した分かかりますし、窓口も全国各所で運営したらかなりの額になってきます。webサイトに関しては一度作成したら済みますし、何個も作成する必要もありません。という訳で、運営費に関しては窓口の方がWebよりも圧倒的に費用がかかる訳です。

web上での発行は、窓口に比べて浮いた運営費用を新規入会特典に回して発行者に還元できるのです。表にまとめるとこんな感じになります。

窓口 web
運営費用
新規入会特典

 

という訳で、新規入会特典をより多く獲得するためにクレジットカードはweb上で発行するのが鉄則です。

 

ポイントサイト経由で発行する

クレジットカードはweb上で発行するのが鉄則だと紹介しましたが、必ずポイントサイトを経由してクレジットカードを発行しましょう。イントサイトを経由してクレジットカードを発行するだけで、クレジットカードの新規入会特典に加えてポイントサイトのポイントを獲得できます

ポイントサイトで獲得したポイントは現金、マイル、他のポイント(楽天ポイント、Tポイント等)なんかに交換できます。僕は主にANAマイルに交換してビジネスクラスで旅行したりしています。

 

ポイントサイトの仕組みはこんなイメージになります。

企業が広告費をポイントサイトに支払い、ポイントサイトは受け取った広告費の一部を広告利用者にポイントとして還元しており「企業」「ポイントサイト」「利用者」の3者にそれぞれメリットがあることで成り立っています。3者のメリットがはっきりしている構造なので、私たち利用者は無料でポイントサイトに登録・利用できます

メリット
企業 ポイントサイト利用者による商品購入・サービス利用で売上増加
ポイントサイト 企業からの広告費受け取り
利用者 ポイントサイトからのポイント還元

 

ポイントサイトの詳細やお得な入会方法はこちらで紹介しています。

 

クレジットカード1枚発行するだけで数千円〜2万円分のポイントを獲得できます。

僕は2018年に楽天カードをポイントサイト経由で発行しましたが、当時は13,000円分のポイントを獲得できました。楽天カードの通常入会特典として楽天ポイントも7,000ポイントを獲得できたので、合計2万円分のポイントを獲得できたことになります。ポイントサイトを経由しなかったら楽天カードの通常入会特典の楽天ポイント7,000ポイントだけの獲得になっていたことになります。楽天カードを発行するという行為をとってみてもポイントサイトを経由するだけでこんなに還元されるポイントが変わってくるのです。これをみすみす取りこぼすのはもったいなさ過ぎますよね。

 

という訳で、クレジットカードはweb上かつポイントサイト経由で発行するのが鉄則です。

 

1ヶ月に1枚までの発行におさえる

クレジットカードの発行は月に1枚までにおさえてください。

 

クレジットカードの発行でポイントサイトのポイントを獲得できるとなると

「それなら年会費無料のクレジットカードを発行しまくればポイントを大量ゲットできるじゃん!」

と、思われるかもしれません。僕も最初はそう思いました。しかし、そこまでうまい話しは中々ありません。

クレジットカードにはご存知の通り審査があります。何を審査しているのかざっくりと言うと、発行者が滞りなく利用額を支払ってくれるかどうかを審査しているのです。もっと簡単に言うと発行者が信用できる人かどうかというのを審査されている訳です。そこで、短期間に大量にクレジットカードを発行するという行為についてどう思いますか?クレジットカード会社間では発行者の情報が共有されているので、「この発行者は短期間で大量にクレジットカードを発行しているけど、何か企んでいるのか?」と疑う訳です。疑われるということは信用が低くなるということです。信用が低くなると審査に通らなくなる可能性が高まります。1度クレジットカードの審査が通らなくなるとしばらくの間は他のクレジットカードの審査も通らなくなってしまいます。

そして明確な確約はありませんが、クレジットカードの発行を1ヶ月に1枚におさえれば発行のし過ぎによる審査落ちの可能性はかなり低くなると言われています。現に僕は2018年2月から2019年12月まで毎月1枚のペースで計23枚クレジットカードを発行しましたが一度も審査に落ちませんでした。

 

という訳で、発行のし過ぎによる審査落ちの可能性を低くするためにもクレジットカードの発行は月に1枚までにおさえるのが鉄則です

まとめ

  1. web上で発行することで新規入会特典をより多く獲得する
  2. ポイントサイト経由で発行し、新規入会特典に加えてポイントサイトのポイントを獲得する
  3. 1ヶ月に1枚までの発行におさえ、発行のし過ぎによる審査落ちを防ぐ

この3つの鉄則を頭に入れておくだけで、クレジットカードを発行で特典やポイントをフルに獲得することができます。

お得にクレジットカードを発行してキャッシュレス化の波に乗りましょう。