SFC修行を終えての感想・反省点

SFC修行を終えての感想・反省点

 

僕はANAのプラチナステータス取得そしてSFC発行を目的に2019年にSFC修行を実施し、そして無事に解脱しました。

SFC修行ってのは簡単に言うとANAの会員ステータスを上げるためにANAの飛行機に乗りまくる行為のことです。旅行や仕事でもなく、ステータスを上げるためにひたすら飛行機に乗り続ける様がまさに”修行”のようだということでこのように呼ばれています。

という訳で僕は2019年はANAの飛行機に乗りまくってたんです。その数なんと27回 

 レグ 旅程 記事
1レグ目 第1弾 「セントレア→新千歳」普通席 搭乗記
2レグ目 「新千歳→那覇」プレミアムクラス 搭乗記
3レグ目 「那覇→関空」普通席 搭乗記
4レグ目 第2弾 「伊丹→那覇」普通席 搭乗記、那覇滞在記
5-7レグ目 「那覇ー羽田ー那覇ー関空」普通席 搭乗記、那覇滞在記
 8-11レグ目 第3弾 「関空ー那覇ー羽田ー那覇ー関空」普通席 搭乗記、那覇滞在記 
12レグ目 第4弾 「関空→石垣」プレミアムクラス搭乗記
13レグ目 「石垣→那覇」プレミアムクラス搭乗記
14レグ目 「那覇→神戸」普通席搭乗記
15-16レグ目 第5弾 「神戸→那覇→伊丹」普通席搭乗記、那覇滞在記
17-18レグ目 第6弾 「関空→石垣→関空」普通席搭乗記、石垣観光
19-21レグ目 第7弾 「神戸→那覇→新千歳→関空」三角飛び 普通席搭乗記
22レグ目 最終章
第8弾
「伊丹→那覇」プレミアムクラス搭乗記
23レグ目 那覇→成田」国際線乗継 普通席搭乗記
24レグ目 「成田→クアラルンプール」ビジネスクラス搭乗記
25レグ目 クアラルンプール→羽田」ビジネスクラス搭乗記
26-27レグ目 「羽田→那覇」普通席、「那覇→セントレア」プレミアムクラス搭乗記

このSFC修行を経験したことで、SFC修行にはANAのステータスを上げる以外にも得られる物があることに気がつき、それと同時に反省点も見えてきました。

そこで今回はSFC修行での経験を元に、SFC修行を通じて「得たもの」「反省点」を振り返っていきます。

 

SFC修行で得たもの

それではまずSFC修行で得たものを挙げていきます

 

沖縄(那覇、石垣)グルメに詳しくなった

SFC修行だとPP単価(ステータスを上げるためのコスパ)の良い沖縄路線をメインに使われる修行僧はかなり多いと思います。僕もそのうちの一人で、かなりの回数沖縄に行きました(那覇9回、石垣島2回)。沖縄を何度も訪れる度に沖縄グルメを気に入り、修行の際には沖縄グルメを楽しみに飛行機に乗っていました。SFC修行で沖縄を訪れる度に色んな沖縄グルメにチャレンジしていくうちに、いくつかお気に入りのお店ができたりして詳しくなれたかと思います。特に沖縄の食堂はリーズナブルでボリュームも凄い!!胃袋大きめの修行僧にはうってつけだと思います。

体に気を遣うようになった

SFC修行は基本的に飛行機に乗っているだけでほとんど動きません。特にプレミアムクラスを中心にSFC修行される方は毎回機内食を食べてオーバーカロリーになっていないでしょうか?僕の場合はSFC修行で訪れる先で一人フードファイトでしてるのかと言うレベルでグルメを満喫していたので、ほとんど動かないくせにかなり膨大なカロリーを修行のために摂取していました。という訳で僕の場合はSFC修行を通じて10kgほど太ってしまいしました。もちろんSFC修行だけでなく普段の生活も関係あると思いますが。これをきっかけに日々の食事を見直してジムにも通い出しました。半年程かけて体重を元に戻すことができたのに加え、自画自賛になりますが筋肉もついてきて元より見た目は遥かに良い体になったと思います!!この辺のボディメイクの話しもどこかでできたらと思います。

BEGINが好きになった

沖縄の観光地や飲食店でBEGINの曲が流れていることが多いと感じます。SFC修行で沖縄に行き続けるうちに、いつの間にかBEGINの曲を好きになっていました。ナイチャーの僕からしたら沖縄の雰囲気とBEGINの曲ってぴったり合うんですよね。そんな僕のお気に入りのBEGINの曲は「オジー自慢のオリオンビール」です!沖縄でオリオンビールを飲みながら聞きたい一曲です。

国際線ビジネスクラス、国内線プレミアムクラスでの所作を心得た

SFC修行では一度に大量のプレミアムポイントを獲得するために国際線のビジネスクラスや国内線のプレミアムクラスに何度か搭乗しました。これまでエコノミークラスや普通席にしか乗ったことのなかった僕にとってかなりテンションが上がった経験となりました。国内線プレミアムクラスでは機内食が出てお酒・ソフトドリンクが飲み放題、国際線ビジネスクラスではエコノミークラスよりレベルが格段に上がった機内食とお酒・ソフトドリンクが提供されます。特に国際線ビジネスクラスに乗った時には元を取ってやろうと機内食以外にも自由に頼める食事をほぼ全て注文したり、お酒も高そうな物を片っ端から飲みました。その結果、暴飲暴食がたたって目的地の空港に到着した頃には気持ち悪くなってしまいホテルでぐったりしていました。ビジネスクラスに乗って快適な修行のはずだったのに・・・。という訳で、いついかなる上等なクラスに乗っても元を取ろうとして暴飲暴食せずにスマートに過ごすのが快適なフライトの秘訣だなと気が付くことができました!

 

飛行機の乗り方をマスターできた

SFC修行では色んなパターンで飛行機に乗ることになると思います。例えば手荷物を預ける場合、国内外の乗り継ぎがある場合、プレミアムチェックインを利用する場合、席をアップグレードする場合などなど。色んなパターンを経験したことで空港に着いてからスムーズに手続きをできるようになりました。また飛行機の遅延や搭乗口の変更が多々発生することも知り、そういった不測の事態が起こることを念頭において予定を組んだり行動できるようになったと思います。

 

修行僧を見分けられるようになった

SFC修行をしている人はマイラー界隈では修行僧と呼ばれています。僕が勝手に修行僧だと見分けている特徴は以下の4点です。(あくまでも僕個人の勝手な認識です)

  • 沖縄路線に乗っている
  • お1人様
  • 30代~40代の男性
  • 荷物は機内持ち込みのみ(リュックか手持ちのカバン)

大体こんなところかと。修行僧を見分けられて何が得なの?ってことですが、同志を得られた気分になるんです。僕も上の特徴通り1人で修行を行なっていたので修行中って話し相手とかいないしなんだかちょっぴり寂しいんですよね。そこで勝手に修行僧を見分けて同じ志を持った仲間がいるんだなと勝手に認識するだけでその寂しさが1ミリぐらいは紛れるんです!僕が勝手に修行僧だと見分けた人に話しかけたりしたかったのですが、コミュ力が無くて断念しました。コミュ力高い方なら修行中に修行僧と思わしき人に話しかけて修行仲間を作るのも良いと思います。

反省点

SFC修行は全てが上手くいった訳ではないです。反省点もあるので紹介していきます。

沖縄以外にも色々行けば良かった

SFC修行で得たものの紹介で「沖縄に詳しくなった」と言いましたが、逆に言うと沖縄ばっかり行っていたということになります(沖縄以外だと札幌、クアラルンプールに行きました)。僕は日本国内でもいったことの無い場所はたくさんあるので、SFC修行というせっかくの機会に行けば良かったかなと少し思います。でも僕も一般庶民なのでやはりPP単価を追い求めるてしまって沖縄ばっかりになってしまいました。行ったことの無い場所に行くという経験を買うという意味でもPP単価をある程度度外視して沖縄以外の路線ももう少し組み込んだSFC修行プランにするのもアリだったなと思います。

友人を誘って複数人で修行を行えば良かった

僕の場合はほとんど一人でSFC修行を行なった(1~3レグ目とクアラルンプールのみ友人と行きました)ので、話し相手がいないのが寂しかったです。やはり話し相手がいるのに越したことはないです。普段の友人に限らずSNSを通じて修行友達を作ったり、修行僧が頻繁に訪れるであろう沖縄で友達を作ったりするのも良いと思います。せっかくのSFC修行なので楽しく充実したものにしたいですからね!

まとめ

SFC修行は得たものだけでなく反省点もありましたが、個人的にグルメや観光にかなり楽しめたと思います。そして何より解脱(5万P Pに到達)した時の達成感は素晴らしいです!

SFC修行の解脱はマイラーにとってのゴールではないと思います。SFC取得で得られるANAそしてスターアライアンスの上級会員としての特典をいかに活用できるスタートラインに立ったに過ぎません。そしてこれらの特典をいかに活用してマイラー人生を謳歌するかを常にワクワクしながら考えるのがSFC修行を解脱したマイラーに与えられる最大の特権だと思います。

そして何よりこのSFC修行をお金をほぼ使うことなく行えたのはANA VISAワイドゴールドカードとポイントサイトを活用して陸マイラー活動をコツコツと頑張ったおかげ!なるべぐ費用を抑えてSFC修行を行いたい方はぜひANA VISAワイドゴールドカードを発行してポイントサイトを活用してみてください。